ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~ ロゴ
トップ 遺構概況

東門跡

東門跡
村上城 東門跡写真

■DATA

残存物:石垣
残存度:★★
藪化度:★★★

縄張り上の意味が薄い?

東麓からの登城道から坂中門を経由し、さらに山頂部に向かって歩を進めると、やがて登城道は御鐘門の直下に到達する。ここに位置し、搦手から二ノ丸への入口を扼していたのが東門である。

遺構の残存状態は正直芳しくない。築城当初から存在し、かつては櫓門であったことが絵図等から判明しているが、袖石垣がほとんど崩壊してしまっているため、正確な位置や規模を現地で推定するのは不可能である。記録上の平面規模は3間×4間なので、本来であれば御鐘門冠木門(櫓門部)と同大のしっかりした規模であったはずだ。

■正保の城絵図

かつては立派な櫓門であった。[国立公文書館所所蔵]

縄張りの不整合?

往時はそれなりの規模を有した東門であるが、防御上の観点から言えば、イマイチそのポジショニングがはっきりしない。すなわち、東門背後に控える切岸が図中Aの位置でスロープ化されているため、搦め手側から攻めてきた敵が東門を突破した場合、御鐘門~四ツ門の区画が、敵中に孤立することになってしまうのだ!

御鐘門が寛文期になってから増築されたことを差し引いても、どうにも理解に苦しむ構造である。また、急峻な切岸がA位置だけスロープになっているのも、なんとも不自然である。当初からスロープであったのか、近代の造林等にともなってスロープ化されたのか特定したいところであるが、城絵図の記載はどれも決定打に欠けるようである。

(初稿:2003.12.22/2稿:2017.07.23)

■東門周辺概図(※1)

矢印で示した経路が敵の予想侵攻ルート。図中「A」の位置で上通り道と下通り道がつながっているため、万一東門が突破された場合、御鐘門が敵中に孤立してしまう?