ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~ ロゴ
トップ 遺構概況

下渡門跡

下渡門跡
村上城 下渡門跡

■DATA

残存物:石垣、堀跡
残存度:★★★
藪化度:★

唯一残る明瞭な村上城外郭遺構

臥牛山麓の居館からもほど近い位置にある下渡門跡(別名:勘定門)は、城下に残る総構えの門遺構の中で、最も保存状態が良好な遺構である。かつての多聞櫓台の石垣と、わずかではあるが、堀跡が残っている。枡形構造を成す門であったが、現在残っているのは、堀跡に面した一部のみであり、かつて多聞櫓が聳えた石垣上は民有地となっている。創建は江戸のごく初期、村上城の近世城郭化がスタートした村上氏の時代にまでさかのぼるのではないかと思われる。

さて、堀跡のほうであるが、後世の埋め立てによって、西側の堀はほぼ10メートル四方にまで狭められ、東側の堀は藪に埋没気味である。もっとも、東側の堀についても2000年ごろまでは杉林と化していたので、これでもかなり見やすくなったほうである。

■明治元年の下渡門

多聞櫓と接続した城内屈指の大型城門であった。(「村上城城門絵図」平野邦広氏所蔵)

建築資材の搬入路としても機能した堀

石垣の積み方に注目してみると、山上の城郭主要部に使われている石材よりも、若干粒が大きいことに気が付く。運搬の手間を考え、山上部の石材は小粒に、総構えの石垣はそれほど細かく割らなかったのであろう。もっとも、家臣・町民の目に触れやすい山麓部の石垣を大き目の石材で築くことは、彼らに対する威圧効果を高めることを考えれば合理的である(※)。

ちなみに、地元の伝承によれば、村上城の建設にあたり使用された石材は、ことごとく海路より船を使って運ばれ、総構えの堀を伝って城内各所に運ばれたという。そして山上部に使われた石材は、下渡門下の堀から陸揚げされ、山麓居館脇の竪堀を伝って山上まで運び上げられたらしい。(筆者自身、「竪堀」ではなく、「石を引きずって山頂まで引っ張り上げた痕跡」として伝え聞いていた)

その意味で村上城の総構えは、単に軍事施設というよりは、建設資材の搬入路としての機能も有していたことになる。

(初稿:2003.11.21/2稿:2017.07.23)

(※)

城の石垣を城主権力の「威信装置」として把握する論として、宮元雅明「近世城下町のヴィスタに基づく都市設計」(『建築史学』4・6号、1984・85年)などがある。