ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~ ロゴ
トップ 作事小屋

「越後村上城居城分間図」について

「越後村上城居城分間図」について

新発見の御殿図面

戊辰戦争の折、自焼してしまったこともあり、村上城の御殿に関する資料は断片的なものに限られます。特に建物の平面図に関しては、江戸後期の状況を記した「内藤侯居城全図」が唯一の資料だと長らく思っていたのですが、近年、市内で個人蔵として保管されていた「越後村上城居城分間図」という図面の存在を知りました。写しを拝見する機会を得られたので、簡単に内容をまとめておきます。

越後村上城居城分間図

高い精度

まず、基本的な精度そのものの高さに注目です。「分間図」と銘打っていることから、オリジナルは1間四方の方眼をベースに作図されたと推定されます。本図の精度は、実測、もしくは設計図レベルと見て良いでしょう。

また、地面と建物を色分けして示していることもポイントです。モノクロ表示だった「内藤侯居城全図」では、一部の箇所が屋内なのか屋外なのか判別が難しかったのですが、本図の色分け表示により判別できた箇所が数多くありました。

柱位置が記されている

本図の建物描写にはもう一つ大きな特徴があります。それは柱位置をきちんと記してあることです。

一見、些細なことに思われるかもしれませんが、柱位置が確定できるかどうかは、建物の構造を推定する上で重要なポイントになります。例えば、城内最大の建物であった「大広間」と、その隣にあった「大書院」を比べてみましょう。一般的な御殿建築であれば、柱が密に立つ(=間仕切り位置)のは、廊下と縁側の間です。左手の大書院のほうはそのような柱配置になっています。しかし、右手の大広間では縁側の外に柱が密に建っており、廊下と縁側の間にはほとんど柱がありません。おそらく、大広間の間仕切りは縁側の外周に沿って立てられ、廊下と縁側の境には戸はなく、長大スパンの梁をわたした開放的なつくりだったはずです。

こうした構造は聚楽第や熊本城大広間など、かなり古風な殿舎に見られる特徴です。村上城大広間の建築年代も、江戸のごく初期(村上氏・堀氏)あたりに遡る可能性が高いのではないでしょうか。

越後村上城居城分間図に示された柱位置

建物の改廃状況がわかる

本図には江戸後期に描かれた「内藤侯居城全図」には見られない建物がいくつも描かれています。実は、村上城の御殿には以下のように増改築を繰り返した記録が残されており、これらの記録と建物の描写状況を照合すると、両図の成立年代を推定することができます。

城主 出来事
1614年 村上頼勝 臥牛山城を造功し 其身は麓の塞に居り
1618年 堀直竒 御本城、二の丸、三の丸造、但又石垣・櫓・塀門・堀・百閒蔵並び侍屋敷数多出来
1661年 松平直矩 寛文元年丑年より同五年巳年まで 天守本丸小書院造営
二ノ御丸御居宅御本城リ袖スリ御塀、折廻四拾七間三尺 大和守様御代ニ出来申候
「越後村上城居城分間図」この頃成立?
1717年 間部詮房 二ノ丸御殿の壁剥落、屋根も水腐れのため軒先が落ちる
1738年 内藤信興 城内地震の間を壊つ
1747年 内藤信興 城内の広間を解体して藩主の学問所を新設
「内藤侯居城全図」この頃成立?
1778年 内藤信凭 安永七年戌年三月光徳寺より出火にて 御居城三重櫓・月見櫓・刎橋御門三ケ所類焼
1830
-44年
内藤信親 寺町・長法寺の本堂建築に際し、居館を解体・再建した際の部材の払い下げを受けたとの言い伝えあり。
1868年 内藤信民 戊辰戦争に際し自焼

両図の成立年代にはおそらく100年ほどの開きがあり、「越後村上城居城分間図」は村上藩が15万石の最盛期を迎えていた時代に描かれたもの、「内藤侯居城全図」は、多くの建物が失われた5万石時代の状況を記していると考えられます。

…といわけで3D化してみた

上記のような考察をベースに、最盛期の村上城御殿を3DCGで組み直したのが以下の図です。建物の改廃状況を色付け表示してみましたが、藩の経済規模の縮小に合わせ、巨大な御殿が次第に縮小していった様子が見てとれます。今回3D化した御殿の特徴その他の詳細は「御殿徹底研究」に詳しくまとめています。お時間のある方はぜひ♪

村上城御殿の3DCG

※本図の掲載にあたっては、村上市郷土資料館の桑原様、板垣様に大変お世話になりました。また、掲載をご快諾下さった、所有者の大瀧様に改めてお礼申し上げます。

(初稿:2017_12_30)