ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~ ロゴ
トップ 作事小屋

村上城「comony」移植版

村上城「comony」移植版

VR空間共有プラットフォーム「comony」に移植!

仮想空間内に再現した村上城内をウロウロする装置として、当サイトでは2018年に「村上城EXPLORER」を制作、同年夏から配布しています。忍者キャラクターを操作して城内各所をウロウロできる(=ただそんだけ)…というクソゲーめいたプログラムではありますが(汗)、失われた村上城の建築群をイメージしやすくする上で、一定の効果があったのではないかと思っています。

で、そんな同プログラムに、ひょんなことからVRベンチャーのLASTMILE WORKSさんが興味を持ってくださり、ぬぁんとこの度、同社が運営するVR空間共有プラットフォーム「comony」上にデータを移植してくださいました! ビジネスユースを想定したVR作品に混じって、一介の城オタがつくったコンテンツが並んでるのはなんだかこっ恥ずかしくもありますが、いやはや長生きはするものだ@@

「comony」移植版のメリット

…というわけで、極めて他力本願的な形でVR対応の新コンテンツができてしまったわけですが、「comony」移植版には、通常のPCから利用する場合にも役立つ以下のような機能がついています。

1)Mac対応
ウチのサイトで配布している「村上城EXPLORER」はWindows環境にしか対応していませんでしたが、comony版はMacにも対応しています。今のところデスクトップPCのみへの対応ですが、将来的にはモバイルアプリの開発も視野に入れているとのこと。5Gの本格普及が始まれば、モバイルから仮想空間にアクセス…なんてことも簡単にできるようになるのかな?

2)同時複数人ログイン
「空間共有プラットフォーム」の本質的な機能として、複数人が同時に同一空間に入れます。プロモーションムービーでは不動産のバーチャル内見会の様子が示されていますが、城オタに置き換えて考えてみると、複数人での「バーチャル城攻め」なんかはアリなんじゃないかと思います。(特に、アクセスに難がある城や、現在は立ち入り禁止になっているような城跡をデータ化 → バーチャルツアー対応にしとくと、文化行政的な意義が大きい気がする)。

3)対話機能
空間内で使用するアバターは簡単なジェスチャーを使えるほか、マイクをオンにすれば音声対話もできるようになっています。やりようによってはガイド付きツアーみたないこともできるんじゃないかな?

使い方はこれから広がる…のではなかろうか

そんなわけで「comony」版でも稼働し始めた「ビジュアル再現 村上城」。シャドウの出方や一部形状の不正など、移植に伴う細かなバグはあるものの「ウェブを通じてVR空間を共有できる」ことの可能性は十分感じられると思います。なにしろ新しい技術ですし、筆者自身も専門外なので、どういう利用法や可能性があるのかはまだまだ未知数です。「こんな使用法があるんじゃないか?」みたいなアイディアがあれば、ぜひお寄せください~。

(初稿:2020_12_02)