ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~

村上城下全景3DCGワイヤーフレーム
村上城下全景3DCG。トップ画像用

村上城ってナニソレ?

新潟県の最北端、村上市にあったお城です。戦国時代には上杉謙信の攻撃を防いだことも!?

「村上城の歴史」を見る...

どんな姿のお城だった?

現状の城跡に、各種資料をもとに作成したCGを合成。往時の姿を再現してみました。

「復元村上城」を見る...

復元動画を見たい!

3DCGソフト「Shade」を使って、寛文年間の城下町をまるごと再現。約4分の動画です。

「電影村上城」を見る...

181112 「本丸360度パノラマ」を作成!

天守以下、多数の櫓で周囲を固めていた村上城の本丸。かつての様子を3Dパノラマ画像で再現しました。4Kサイズで作ったので、PC表示でもそこそこの画質で見られるハズです。

181112 小薬邸とは何だったか?

10年ほど前まで残っていた武家屋敷「小薬邸」。実は「門の番所を移築したもの」との伝承が残る興味深い建物でした。伝承や構造、解体直前に内部を見学した記録をまとめています。

181105 「冠木門360度パノラマ」を作成!

本丸入口「冠木門」のかつての様子を3Dパノラマ画像でご覧いただけます。スマホでアクセスすればジャイロデータと連動しているので、角度に応じて上下動。ちょっとしたVR気分を味わえますwww

181029 「第二の天守が存在した?」を改定!

中規模城郭(?)にしては珍しく、天守以外にもう一つの三重櫓を有した村上城。「村上御城廓」の記載をもとにその姿をCG化しつつ、その建築理由や性格付けについて考えてみました。

181029 三重櫓を3D再現!

山麓居館にあった天守級の建造物「三重櫓」を、新考察に基づき3DCG化しました。各種記録を読み解くと、どうも初期望楼型天守を彷彿とさせる古風な意匠の櫓であったようです。

181020 黒門跡を改定!

2018年の現地説明会情報を踏まえて改定しました。礎石・排水溝が出てきたことで門の規模がほぼ判明。また、従来は知られていなかった敷石状巨礫(?)が検出されています。

181017 村上城エクスプローラー改良

3D空間に再現した寛文年間の村上城の中を探検できるインタラクティブコンテンツ「村上城エクスプローラー」。Windows7(32bit)環境に対応+グラフィック負荷を下げた軽量化版を追加!

181008_「サイトを移転しました」を追加

昨年のリニューアルからわずか1年で引っ越すハメに…。ついでに行った独自ドメイン取得、常時SSL化、再現画像の制作根拠の明示徹底などをまとめています。

181008_「四ツ門」CG画像ほかを更新

CG画像を一部修正。また、DATA欄に付属建築物のサイズも合わせて記しました。考察関連のテキスト全般を修正しています。

180926_寛文7年村上城下3DCG全図を修正

山頂部の武具蔵の形状を修正しました。天守が落雷焼失する直前、寛文7年(1667年)時点の村上城下全域を高解像度で鳥観図化した3DCGです(8000×2700px)。

180826_一文字門 再現画像を作り直し

もと画像を夏っぽい画像にサシカエたのと合わせ、3Dデータを用いて作り直しました。13間半×3間4尺という、およそ田舎城らしからぬサイズの立派な櫓門でした。

180805_武具蔵跡を追加!

山頂部最大の削平地である旧三ノ丸には、最長40mにも達する土蔵造りの蔵が3棟ありました。地表面に目立った痕跡は残りませんが、絵図や古文書から配置を推定してみます。

180722_塩町裏川を追加

今は小さな水路になっている塩町裏手の「金平川」。江戸時代には瀬波港からの船が行き交う重要な水路でした。往時の流路や機能について考察してみました。

180623_出櫓再現画像を修正

発掘調査の結果を踏まえ、黒門との位置関係を修正。再現画像のサシカエ&本文中の防御構造の解説箇所を修正しました。

180506_本丸360度ビュー

天守に続き、本丸全体の3DモデルをFBX化。特殊な環境がなくても、ブラウザ上で360度(!)自由な視点でぐりぐり動かしてご覧いただけます♪

180312_岩手郭(伊白丸)跡を改訂

現在、東北電力の変電所になっている窪地は曲輪跡。京都から来た公家の姫様が暮らす御殿もあった! 現在でも地割りや堀跡地形は割と明瞭に残ります。

180215_軍学用の城絵図について

江戸時代の武士の素養であった軍学研究。村上城絵図の中にはこういった研究目的(?)で作成されたものも見られます。加賀・前田家、岡山・池田家が保有する「村上城」絵図を紹介。

180209_「村上城は『重箱の城』?」を改訂!

あんまり知られていませんが、村上城の櫓の多くは1、2階が同大の重箱櫓ででした。テキスト・図版を全体に見直したほか、同じく重箱櫓尽くし(!)の豊後臼杵城に行ってきた際の写真を追加。