ビジュアル再現 村上城 ~3DCGでよみがえる村上城~ ロゴ
トップ 遺構概況

二ツ曲り西城道?

二ツ曲り西城道?
村上城 二ツ曲り西城道?

■DATA

残存物:旧道残欠?
残存度:★
藪化度:★★★★★

「瀬波波郡絵図」に描かれた謎の城道跡

現在、臥牛山西側斜面から山頂へ登る道は、「七曲り道」のみである。しかし、中世本庄城の時代には、どうやらもう一つのルートがあったらしく、『瀬波郡絵図』には、逆Z字型に山腹を登る未知の登城道が描かれている。

この道をどこに比定するのかについて、長らく議論が戦わされてきたが、2002年の金子拓男氏の踏査により、臥牛山西側斜面の中腹に城道の痕跡地形「らしきもの」が確認されている。同氏の論文「村上城跡の遺構から見た村上要害」(※)中で「二ツ曲り西城道」として紹介された地形である。

上の写真は道跡の屈曲部と思しき部分を下から見上げた状況である。確かに逆「くの字型」の城道痕跡らしきものが読み取れるように思う。

■瀬波郡絵図

点滅しているのが長らく謎とされていたルート。(米沢市上杉博物館蔵「越後国瀬波郡絵図」)

(※)

『新潟考古』2002年3月号

道の全容解明は困難

仮に道跡であるとしても、400年ほど放置されていたことになるため、上り口は判然としない。比較的明瞭な(?)痕跡が残るのは、二之町裏手の「御作事の地蔵様」から20mほど斜面を登った地点で、幅1mほどの細い城道の屈曲部らしき地形を確認できる。周囲は完全に藪化している上、ほとんど絶壁なので取り付くのは大変だが、斜面を下から見上げる(もしくは、ある程度登ってから下を見る)と比較的容易に場所を特定することができる。

一方、道跡がどこまで続いているのかについては、残念ながら判然としない。小さな沢によって侵食されていることに加え、近世期の城普請の残土によって、地形の埋没が進んでいるものと推測される。実際、標高100m付近では笹すら生えないガレ場のような地形が続き、普請残土が相当積もっているものと推察される。

なお、現地にたどりつくためには、私有地を通過しなければならない。家主の方に一言挨拶するなど、いらぬ誤解を招かぬように留意していただきたい。

(初稿:2006.03.10/2稿:2005.11.14/3稿:2017.07.23)

■上から見た状況

幅1mほどの細い城道跡っぽい地形を確認できる。