ビジュアル再現村上城ロゴ
トップ 村上城の歴史

未来?

村上城の歴史(未来?)

動き出した再建計画

明治の破却より約120年余を経た平成4年、国の重要文化財指定を機に「復元」を最終目標に掲げた城跡の整備計画が村上市によって立てられた。その名は「お城山とその周辺整備基本計画」(1998年に後継となる「史跡村上城跡整備基本計画」に再編)。かの竹下内閣で打ち出された「ふるさと創生一億円」を元手に、村上城を復元しようというわけである。しかも、本計画で復元を目指すのは天守のみではなく、山頂主要部のほとんどの建物とされた。いわば「平成の築城事業」とも呼ぶべき大事業が立案されたのである。

もっとも、1億円ばかしでは城の再建はおぼつかない。総予算は当時の村上市の年間予算に匹敵する70億円と見積もられた。右に示した復元図が、この計画の最終形として提示された「復元完成予想図」である。


村上城復元完成予想図

■村上城復元完成予想図

今のところ最もオフィシャルな村上城の復元イラスト。臥牛山登山口に巨大な看板が立つ。

遺構整備メインの方針に切り替わる

かくしてバブル期の勢いに任せて(?)立案された復元計画ではあったが、文化庁から「現存する史料のみでの復元は不可能」との指摘を受ける。そこで、まずは基礎的な資料収集や遺構の詳細な調査、そして、崩落の危機にある石垣の修築などをベースとした内容に整備方針は見直された。2002年度には三ノ丸、2003年度には二ノ丸、2005年からは本丸の石垣修復がスタートし、2018年現在もその作業は続いている。

なお、国の重要文化財の修復は「原状復帰」が原則である。そのため、できる限り現状の石材を活用する…との方針だが、痛みが激しい部分については、旧材に近い性質の山形産の石材に入れ替えが行われている。特に損傷が激しかった三ノ丸の塁線、出櫓付近などはかなり新しい石材に入れ替えられたようだ。今、村上城跡は、新たな歴史を刻もうとしている。

村上城天守復元案

■同天守復元案

結構派手な天守です。(村上市企画財務課『お城山とその周辺整備基本計画』より)

私見

というわけで、石垣の積み直しを中心とした整備を行いつつ、一応は復元可能性を視野に入れた遺構整備が進められているのが現状である。昨今の文化行政のトレンドとしても、至極真っ当な方向であろう。

問題は、こういった文化行政上の話とは別次元で、現物の「復元」を求める声にどう対応していくかであろう。筆者としては「資料不足」という致命的な問題や、それを解決せずに拙速に「復元」した事例がどんな結果を招いたかを丁寧に説明することに尽きるのではないかと思う。平成が終ろうとする現代においても、粗悪な復元事例はしばしば目にするところである。かえって遺構の状態を悪くしたり、歴史的な事実に対して誤解を招くようではは元も子もないだろう。

また、村上城の場合、復元後の活用方針も課題であろう。仮に建築物を再建したところで、城オタでもない観光客が130メートルの山頂にわざわざ登るとは考えにくい。「観光」一本槍は考えにくいだろうし、象徴的な「地元のシンボル」のために、数十億の予算を投入する合理性も見出し難い。第一、「お城山」と地元民に親しまれ、ハイキングコースや小学生の遠足先として根付いている今の城跡を観光地化してしまうのは、本当の意味で、地元民のために史跡を活用することにはつながるまい。

個人的には、今の城跡そのものの価値を生かし「立派な遺構として」しっかり維持していくことこそ大切ではないかと考えている。建造物がなかったとしても、例えば立て看板をもっとビジュアライズしたものにする、曲輪の草刈をきちんとする、といった取り組みを地道に行うだけでも、遺構に対する見方は随分変わってくるはずだ。遺構保存に対する考え方をどうとるかによって、城跡の今後の在り方はかわってくるはずだ。

(初稿:2003.11.21/2稿:2002.12.23/3稿:2004.12.28/4稿:2007.08.05/5稿:2017.07.23/6稿:2018.01.07/7稿:2018.10.29)

2003年の出櫓付近 2014年の出櫓付近

■積み直し前/後の石垣

出櫓付近。上が修復前の2003年、下が完了後の2014年。見ての通り損傷が激しかったが、古写真や発掘調査の結果をもとに積みなおされた。建物の復元をせずとも、こういう整備で十分だと個人的には思う。

1 2 3 4 5